フタを開けると酸っぱいにおい…そして害虫対策

【スポンサーリンク】

最近の暖かさで、ぬか漬け容器のフタをあけるとツ~ンと酸っぱいにおいがするようになってきました。

酸っぱいにおい=乳酸菌(嫌気性)が活発になっているので良いことだし、かき混ぜれば酸っぱいにおいが消えるし、漬けたものが酸っぱすぎるわけでもないので問題ないといえばそれまでですが…

フタを開けた時に酸っぱいにおいで「ウッ」とくるのはなんとなく嫌なのです。

密閉では無くても、フタをしていれば嫌気性の菌が好きな環境に近づくのでフタをせずに置いておきたいのですが、問題はホコリと害虫。

ふきんをかけてフタをずらして置けば、ホコリの問題はクリアしますが、害虫の問題は残ります。

昔は丸い寸胴のカメだったのでふきんをかけて周りをぐるっとヒモで縛っていましたが、今のは長方形で持ち手の出っ張りがある形で悩みました。。

悩んだ結果・・・・・・こうなりました!

f:id:niameow:20180507210356j:plain

 

100均で買ったメッシュの細かい洗濯ネットに入れてチャックを閉じて、クルクルと丸めて容器で押さえ込み。
ここにいつものふきんをかけてフタを少しずらして置いておけば、見た目も「漬物容器」で上からの落下物からも守れます。